Go to homeTwitterFacebookgoogle+rss-feed

「バイリンガルキッズ」が育つ音読習慣  (社)音読協会代表理事 本澤愛のブログ

~バイリンガルになるためには、楽しく、継続して英語に触れる環境を作ることが大切です。このブログでは、英語力、日本語力がアップする音読の方法をお伝えしています。お勧め書籍、英語絵本、日々のあれこれもお知らせしていきます。~

最近読んだ本&お勧め本

■ 最近読んだ本&お勧め本

─────────────────────────────────

2月8日

『ストライダー』

ペダルのない自転車が大流行していますが、その特集を組んだ本です。

我が家では、ペダルを付けると自転車に変身できる「へんしんばいく」を

買って、最初は、ペダルなしで遊びました。驚くことに、3ヶ月程度で、

すんなりと補助輪なしで自転車に乗れるようになるのです。

毎年20万台を超える、この手のバイクが売れていて、大会も年間400回以上

開催されているとのことです。

─────────────────────────────────

■ 2月の絶対おすすめ本

─────────────────────────────────

【絶対読むべし!】

『お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

平川裕貴(著)

5歳前後から英語を始める子供たちにぴったりのyoutubeでの英語の動画の

紹介の部分がとても役に立ちます。去年発売された本です。

 

【音読本!】

David Goes to School)』David Shannon (著)  1999/8

以前に紹介した、『No David』の姉妹編です。

学校に遅刻したり、ガムを噛んでいたり。先生はかんかんに怒り、

居残りを命じます。さて、Davidは家に帰らせてもらえるのでしょうか?

英語も第2子の方、第3子の方が上手になる?!

先日あるテレビ番組で、

「一流アスリートやオリンピック選手は、

圧倒的に第2子か第3子が多い」

ということが紹介されていました。

 

上の子のことを見て、負けないように

練習をしたり、努力することが、自然とできるようになり、

おのずと、身体能力が高まり、

すごい選手になっていくそうですね。

 

確かに、英語に関しても同じことが言えるな~と

興味深く見ていました。

 

我が家では、家で英語絵本の本読み(音読)

を毎日やったり、英語で語りかけを行っていますが、

1歳半になる下の子が、最近英語らしい言葉を

十数個発しているのを耳にするようになってきています。

 

上の子が英語を発話し始めたのは、2歳過ぎころだったので、

やはり早いな~と思って関心しています。

 

手間暇をかけているのは、断然、上の子なのに、

下の子って、たくましくいろんなことを吸収して

いくのですね。

音読の効果はいつからでるの?

「読の効果はいつからでるの?」

 

「英語の絵本を声に出して読むだけで

本当に、英語が話せるようになるの?」

「どのくらいやればよいの?」

 

いつくらいから効果が感じられるかが

気になるという方はとても多いですね。

たしかに、音読の作業は地味ですし、

効果が感じられにくいかもしれませんが、

あるとき、個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月程度ころから、

英文のフレーズが自然と口をついて出てくるようになります。

 

はじめは、2~3語文程度のものが、

リズミカルな文章だと、4~5語文もそれほど時間はかかりません。

 

英語絵本の音読を毎日2~3冊程度している

3歳半の息子は、最近、どっと2~4語文の英語を

話していることが多くなってきました。

 

気長に、じっくり、楽しく、なが~く続けていきましょう!

2月15日(水)「英語絵本音読講座」14時~15時

2017年02月10日 [音読入門講座, 音読協会]

【最新講座案内】

直近の英語音読入門講座のご案内です。

 

2月15日(水)「英語絵本音読講座」14時~15時となります。

場所は稲城 iプラザ 小会議室です。

料金:2000円/大人1名

・なぜ「音読」が英語力を伸ばすのに効果的なのか?

・音読はどのように応用したり発展させることができるのか?

・英語絵本10冊の英語絵本のデモンストレーション

・英語力が確実にアップする「音読貯金マップ」のご紹介

HPより申込みが可能です。→http://ondoku.jp/

講座の内容は大人向けですが、あかちゃん、お子様の同席も可能です。

 

最近読んだ本&お勧め本

■ 最近読んだ本&お勧め本

─────────────────────────────────

1月2日

『君の名は。』新海誠(著)

映画を見る前に、読んでおこうと思って読みました。

映画にすることを前提にした小説なので、テキストだけで読むと、

ちょっと物足りない感じというか、面白さが分かりづらいかもです。

やはり、映画を見るべし作品ですね。

 

1月8日

『軽井沢の法則』三善里沙子(著)

仕事関連の資料として読みました。初代総理・伊藤博文から80代のすべての総理大臣の別荘がある軽井沢。今でも、多くのセレブやお金持ちを魅了してやまないこの土地の魅力が良く分かるエッセイでした。20年も前の本ですが、発見があり、面白かったです。

 

─────────────────────────────────

■ 1月の絶対おすすめ本

─────────────────────────────────

【絶対読むべし!】

『置かれた場所で咲きなさい』

著者の渡辺和子さんは昨年の12月末に、89歳でお亡くなりなりました。

200万部を超えるベストセラー作品ですので、すでに読まれた人も多いと思う本ですが、

改めて、新年に読んでおきたい本です。「どこに行っても同じ。あなたが変わらなければ周りも変わらない」など、人間関係などに疲れた時に、支えてくれる力強い言葉に出会える名著です。

 

【音読本!】

Five Little Monkeys Jumping on the Bed

5匹の子ザルがベットの上でジャンプして、落ちてけがをするというお話。

リズムが良いので3歳程度の小さなお子様に読んであげるととても喜びます。

ネット上には、このお話が歌になったものもたくさんアップしています。

この他にも、5冊程度シリーズが出ているので、気に入ったら集めてみるとよいでしょう。

遂に、『君の名は。』を見てきました。

遂に、『君の名は。』を見てきました。

1月4日、数年ぶりに、夫と二人だけの映画館。

(息子と娘は保育園にお世話になりました。感謝!)

 

渋谷ロフト隣の小さな映画館だったのですが、

観に来ている人の年齢層は高く、

30代以上から40代が多かったです。

 

映画の内容は、青春ものの、ファンタジーということで、

まったく私の趣味ではなかったのですが、

すごい人気ということで、

流行りに乗るべく見たというわけです(笑)。

 

「絶対泣ける!」ということは、いろんなメディアで聞いていましたが、

当日の会場からもすすり泣きが聞こえてきました。

 

確かに、アニメーションの完成度高く、美しく、

素晴らしい作品だと感動しましたし、

新海誠さんの新しい才能を感じました。

 

ただ、私は、泣くことは一度もなく、

すがすがしい気分で楽しみました。

 

私より、幾分、純粋さが残っている夫は、

「ラストがハッピーで良かった~」と

コメントしていました(笑)。

 

神木隆之介君の声がとてもかわいくて良かったなんって、

ミーハーな気持ちになれたのも超久しぶりで、貴重な時間でした。

 

1年に1回位は、子供なしでの映画鑑賞もいいものです。

 

次回の映画館は、夏公開の「アンパンマン」かな~。

今年の英語の目標はたてましたか?

2017年01月03日 [メルマガ記事, (社)音読協会]

新年、あけましておめでとうございます!

みなさんの今年の抱負はなんですか?

 

私の目標は、音読の楽しさ、良さをもっと多くの人に

お伝えすることです。

 

具体的には、音読協会の講座受講者数を1000名以上達成し、

音読インストラクターを10名以上誕生させたいと思います。

 

プライベートでの抱負はいろいろありますが、

その中の一つの目標は、自分の英語力をアップさせることです。

 

子供の英語力を伸ばしたいと思う気持ちが強くあった

ここ数年ですが、やはり親は子の鏡。

 

まず親である自分が英語を勉強し、

楽しく話したり、

読んだり、

書いたり、

実際に使っている姿をどんどん見せていくことが

大事だと思います。

 

具体的には、

朝起きたら、毎日10分の音読。

テキストは、

NHKのラジオ講座(ビジネス英会話)、

中学英語のテキストを使用。

 

あとは、子供と一緒に

ORTのレベル1~4までの全巻を

音読&暗唱していこうと思います。

 

これにプラスして、

オンライン英会話で話したり、

外国の友人とスカイプしたり、

外国人との交流イベントへの参加なども

挑戦したいです。

 

みなさんもぜひ、

新年の抱負に、英語の目標も付け加えて

みてくださいね。

 

発音なんて気にしないで堂々と音読しよう!

ご家庭での音読の話をすると必ずと言っていいほど

こんな声が多く聞かれます。

 

「私(母親)の英語の発音を真似しないか心配です。」

「気が引けて、子供の前であまり英語を話したくありません」

「私(母親)は英語が下手なので、発音に自信がありません。」

 

英語ができない母親にとって、発音の心配は大きいものです。

 

でも、心配しないでください。

 

私自身も中学1年から日本の中だけで英語を勉強してきて、

発音も日本人の発音です。

でも、堂々と子供の前で音読をしたり、

一日1回以上は英語で話しかけをするようにしています。

 

なぜ、そのようにしているのかというと、

「親自身が話すことが、一番子供の話す意欲につながる」と信じているからです。

 

発音を心配するよりも、意欲的に英語を身につける姿勢を

子供に身につけさせたいと考えているからです。

 

なぜなら、「英語を反している親の姿を見せる」

ことがもっとも英語力をつけるのに一番重要だからです。

 

子供には私の絵本の音読と話しかけにプラスして、

できるだけ多くのネイティブの音声をテレビやCD等を使って

きかせるようにしていますが、

第一の目的は発音をよくしようと思おうからではありません。

 

英語特有の表現や、リズムをできるだけ耳から

インプットさせたいと考えるからです。

 

今や、世界中、英語を話すのはネイティブだけではありません。

 

大切なのは、発音ではなく、他人の意見を正確に聞き取り、

いかに自分の意見をきちんと伝えることができるような英語を身につけるかとだと思います。

 

どうか「発音神話」に惑わされないで、堂々と英語を話してください。

 

自由に話せないという方は、ぜひ絵本などの音読を積極的に行ってください。

 

その姿を、お子さんはきちんとみています。

 

そして、自分からどんどん英語を身につけていく子になる

はずです!

 

さあ、自信をもってもっと音読しましょう!

ハローウインが終わりましたね!

ハローウインが終わりましたね!

 

今年は、すっかりハローウインが定着した感が

あり、町中どこにいっても飾りがいっぱいでした。

 

私は仕事の都合上、毎週1回は渋谷に行くのですが、

特に、渋谷の盛り上がりはすごかったですよね。

 

いまやバレンタインをしのぐほどの経済効果が

ある一大イベントになったとか。

 

ハローウインの内容や文化や意味合いはほとんど理解されていないままに、

形だけが浸透していっている感じもありますが、

子供や若者が元気になれる1日でもあるようなので、

よいことなのかもしれませんね。

 

私の子供たちの保育園でも

ハローウインのイベントがあり、事前に衣装を準備しました。

 

自分は子供の頃に体験していないことだったので、

何を着させたらよいのかとんと検討が付かず、

渋谷のロフトであれこれ探しました。

 

流血や口割き系の怖いのは嫌なので、

無難系で「ウオーリーを探せ!」のウオーリーの衣装を選びました。

しかし、値段が4000円。しぶしぶ購入しました。

 

やはりすごい経済効果!

 

ということで、1歳の娘には、手作りのシロクマ衣装にしました。

まだ小さいので、何を着せられても本人は分からずですので。

 

当日は、非日常の衣装で興奮し、

ご近所様からたくさんのお菓子をいただき

楽しい1日を過ごせたようです。

 

帰りに、ちょっと近所のダイソーをのぞいたら、

昨日まであったハローウインの雑貨が一気になくなり、

クリスマス商品一色となっていました!

 

わ~お~!

 

 最近読んだ本&お勧め本

─────────────────────────────────

■ 最近読んだ本&お勧め本

─────────────────────────────────

11月2日

『ベンチャー便利屋』

仕事関連で読んだ本です。

最近、ゴミ屋敷などを掃除する便利屋さんの話題が、

テレビなどで紹介されていますが、その社長さんがかかれた本です。

世の中にはいろんな仕事があるんだな~と。

エピソードがとても面白く、仕事の参考資料とはいえ、

夢中で読んでしまいました。

 

─────────────────────────────────

■ 1月の絶対おすすめ本

─────────────────────────────────

【絶対読むべし!】

『女の子を伸ばす母親はここが違う!』

松永暢史さんのベストセラーです。

伝説のカリスマ家庭教師であり、このほかにもさまざまな育児書を出しています。

とてもためになる本で、文庫本もありますので、是非一読してみてください。

 

【音読本!】

School Bus

Donald Crews

アメリカのスクールバスがリアルに描かれています。

Go this way /  that wayなどの簡単な表現があり、会話にも役立ちます。

同じ著者が描いている「Freight Train」という絵本も男の子にお勧めです。

 

───────────────────────────────